アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
カウンセリング

吃音は、数あるコミュニケーション障害の一種として位置付けられており、時として社会生活を送ることが困難になってしまうことがありますが、適切な治療法を試すことによって、十分に症状の改善に結び付けることもできます。
これまでのところ、無事に吃音の症状を改善することができた人が全国に大勢いるといわれており、積極的に治療を行うためにも医療機関に頼ることが良いとされています。
ここ最近では、言語聴覚士が在籍しているリハビリテーション科において、健康保険を利用して吃音の治療を行う事が出来るために、少しでも社会生活に悩みを抱えている場合には、積極的に通院を始める価値があります。
また、もしも医療機関の選び方について迷いがある場合には、不特定多数の人々の意見を参考にするために口コミサイトや匿名掲示板などのツールを閲覧することも有効です。
インターネット上では、吃音のやっかいな症状の改善に向けた取り組みが大きな話題となっており、当事者はもちろんのこと、その家族や知人などのサポートを受けながら治療を継続することが勧められています。
また、特に症状の改善を早期に実感したい場合には、医療体制が充実している大学病院を中心に利用をすることが勧められています。
日本全国には、吃音の症状のために引きこもりがちになってしまう人も目立っていますが、できるだけ周囲に助けを求めることによって、安心して治療に取り組むことが欠かせません。

吃音は、言語障害の一種で、どもりとも言われます。
話をするときに言葉を連続して発してしまったり言葉に詰まるなど、言葉が円滑に話せなくなる症状が起こり、患者本人が非常に悩んでしまうことが多く、精神的プレッシャーによって余計にひどくなってしまうことも少なくありません。
日本でも様々な治療が行われていますが、吃音の原因には様々なタイプがあり、患者に合わせた治療が必要になります。
吃音を改善するための治療は、精神科や精神科で受けることが妥当です。
病院での治療は、言語聴覚士による言語療法や、臨床心理士による心理療法を合わせた治療が行われます。
発声練習や心理的な治療を行いますが、より改善を望む場合は、吃音を専門に治療を行っている病院へかかるほうが、効果が期待できます。

また、病院だけではなく、自宅でもできるようなトレーニングやプログラムを組み合わせて改善していくことも多いようです。
また、病院では、精神を安定させる作用のある薬や神経を落ち着かせる抗不安薬などを処方する対処療法も行われます。
吃音は、精神的不安から起こるものでもあるため、原因によっては効果が出て大きな効果を得ることができる場合もあります。
その他にも、心理療法の中の催眠療法が高い効果を上げています。
比較的短期間で効果が現れ、セラピストや催眠療法士によるカウンセリングを受けることで改善させていきます。
催眠療法は、心の中に入り込み、自分でも意識していない部分の悩みを解消するので、吃音の原因となっている心の奥にある悩みをうまく疋田s、肯定的になれるようにサポートしていきます。

男性

吃音とは、コミュニケーション障害の一つであり、一般的にはどもりと呼ばれることが多いです。
人前で喋る時に繰り返しや引き伸ばしなどの発声が困難になり、言葉がつかえて喋りにくくなってしまうという特徴があります。
症状が出始めるのは、2歳から3歳ころからであると言われており、男性の方が女性より発症することが多いです。

確実な治療法は確立されていませんが、症状を改善させるには、様々な治療法があります。
幼少期であれば、自然と症状が改善されていくことがあり、吃音の子供に対する両親の対応が重要になります。
子供の吃音について叱ったりせずにゆっくりと話を聞くという対応を取ることで、子供が必要以上に喋ることに対して緊張しないような環境をつくることが症状の改善へと繋がっていきます。
子供が症状に対しての自覚を持つ年齢になった場合には、専門の治療教室に通うことも症状の改善には有効です。

大人の吃音は、ストレスなどの要因によって生じることが多く、吃音を恥じることによって緊張状態が生じ、更に症状が悪化していく傾向があります。
治療には、吃音の原因となっているストレスを取り除くことが重要になります。
ストレスの解消には、身体の疲れを癒やすマッサージや、気分転換のためのスポーツが有効です。
人体には吃音の症状を改善させることの出来る、神門や労宮などのツボがあるため、ストレスを感じたときにツボを刺激すると効果が出ることもあります。